Wednesday, February 09, 2005

W杯最終予選「日本対北朝鮮」

やっと勝った。そんな試合だった。2-1、ロスタイムの追加点。辛勝である。
前半はそんなに悪くない展開に見えた。開始早々、小笠原のFKで先取点。しかしその後、追加点が取れない。
更に後半に入ってリズムが悪くなってしまった。パスミスから相手にボールを取られる場面が多くなる。
北朝鮮の選手では特にJリーガーの2人の動きが目立った。Jリーグで日本の選手に接しているだけに対処方法にソツがないというか、慣れているように感じたのはあながち外れていないように思う。
日本の選手はなんとなく今日の前の2試合で国内組がスタメンに残るためにアピールしつづけた分、動きがにぶいようにも見えた。気のせいだろうか。
そして同点。追加点をとるのにもたついた分だけ北朝鮮をやるきにさせてしまった。
なかなか選手を交代しないジーコ監督にしては、高原と中村の投入判断は早かった。同点の直後だったが、逆にいうとこの瞬間ジーコ監督は今までにないほど尻に火がついていたということだろう。
2人の投入でなんとか日本のリズムが良くなりかけた頃、大黒の投入。そしてロスタイムの追加点。本当に心臓に悪い試合展開である。
ともかく日本は勝ち点3を手にした得失点差を考えると欲を言えばきりが無いのだが、引き分けの勝ち点1よりははるかにましだ。とりあえずはひと安心である。
ただ気になるのは今日の試合で出たイエローカードの累積からDF田中とMF三都主が次のイラン戦に出場できないことである。
おそらく三都主のかわりに三浦淳だろうが、田中のかわりでは松田でもいいだろう。
宮本の故障中、宮本の代役を務めた松田だが、トルシエのいたころはサイドバックもやっていたのだ。逆に安定するのではないか。
次のイラン戦は3月25日。テヘランで行われる。
関係ないが個人的にこのコラムが好きである。今日はコラム風にしてみた。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home